Fragmentation of Comet ATLAS observed on the First Crowd-Sourced Pictures from Citizen Astronomers

UPDATE: Mountain View and Marseille, April 17, 2020. A group of citizen astronomers scattered all over the world has just demonstrated how a network of digital Unistellar eVscopes can work together to deliver the first-of-its-kind crowd-generated images of Comet ATLAS while its disintegrating. […] A similar call for observations was released on Tuesday, April 14…

Details

Successful Launch of Unistellar’s Global Telescope Network

San Francisco and Marseille, February 20. From California to Finland, from Manitoba to Paris, it’s now official: Unistellar eVscopes are being delivered all around the world and have begun providing users with unique, live outer space observing experiences. Unistellar was created in 2015 to develop the very first light-amplified, user-friendly digital telescope. The eVscope allows…

Details

Leucus Asteroid: Efficient and Accurate Citizen Science with the Unistellar eVscope

Marseille and Mountain View, January 7, 2020. Ten minutes for a time-validated asteroid occultation of NASA’s importance: this is what Unistellar recently achieved in Irvine, California, by being one of the first-time observers of a Leucus occultation. Leucus is a Jupiter Trojan asteroid discovered in 1997 by the Beijing Xinglong Observatory. Around April 2028, NASA’s…

Details

次回の小惑星ミッションの手引き: Unistellarによる市民天文学の新たな成功

Marseille and Mountain View、9月17日[9月17日15p.m.CESTまで記事差し止め]2027年、NASAのLucyミッションでは、私たちの太陽系の歴史に関する重要な情報を持っている原始天体である木星トロヤ群小惑星に向かって初めて飛行する。これは市民天文学者がもう間もなく参加できる旅である。市民科学スタートアップ企業であるUnistellarは、同社の2つのeVscope望遠鏡が、Lucyの標的の1つである小惑星Orusに関する重要なデータを収集した最初の望遠鏡であることを発表した。 Unistellar eVscope望遠鏡のユニークな特徴の一つは、そのユーザーが簡単に市民天文学者になれるという点である。ほんの数分で、デジタル望遠鏡を設置し、興味深い天体に向けて正確な科学データを収集することができるのだ。この望遠鏡の能力は最近、Unistellarの巨大ネットワークに接続されたeVscopeを活用して市民天文学を発展させるという協定に署名された際UnistellarとSETI研究所に話題となった。 NASAは最近、天文学コミュニティにこのルーシープロジェクトへの貢献を求めた。標的となった6個の小惑星の周辺にはまだ分からないことが多いため、NASAは小惑星の形状と軌道をより深く理解するために支援を求めている。4億5000万ドルする宇宙船の軌道を改善するための助けが必要なのだ。小惑星の形状と大きさを特定することで、技術者が探査スケジュールを最適化し、ミッションによって生み出される科学的な成果を増加させることなどが実現するだろう。 Unistellar eVscope 9月7日、Unistellarのチームがオマーンに飛び、eVscopeを使った世界初の市民科学デモを行った。オマーンはOrusを観察するのに地球上で最も好ましい場所であった。もっと正確に言えば、観察者が確認できたことは11等級の星を掩蔽するOrus、Orusの位置や大きさを正確に推定するなど、価値ある情報でつまった光度曲線を生み出す出来事だった。 「Orusは最近1999年に発見されましたが、まだ多くのことが分かっていません。その形状は十分に絞り込まれておらず、1つまたは複数の衛星を保有しているかどうかも不明であり、明らかにLucyミッションの探査段階の設計に影響を及ぼすでしょう」 とSETI研究所の上級天文学者であり、ユニステラの最高科学責任者であるフランク・マーキス博士は断言した。「Orusの掩蔽を観測したのはこれが初めてです。私たちは適切な場所にいて、すべてが完璧に上手くいきました。オマーンのハリール近くにある観測点の一つでは、この掩蔽を検知し記録したものの、他の観測点の一つではわずか30km離れているだけで何も見えなかったのである。将来的には、Unistellar eVscopeのアプリのボタンを押すだけで、キャンペーンに参加できるようになるでしょう。」 本研究は、9月17日火曜日にジュネーブで開催されるフランク・マルキス博士の会議EPSC-DPSで発表される予定である。   画面中央の星を掩蔽する小惑星『Orus』   予測された掩蔽ルートは、サウスウェスト研究所の天文学者、マーク・ブイ氏によって、ESAの宇宙望遠鏡『Gaia』や、『PanSTARRS』のような地上の観測施設、その他のロボット望遠鏡からの観測結果を組み合わせて提供された。Orusによる掩蔽は今年11月にオーストラリアで見られる予定である。 Lucyは2021年10月の打ち上げを予定しており、Unistellar eVscopeのユーザーはNASAのミッションに貢献する機会を複数回手にするだろう。すでに世界中で2,500台以上の接続型望遠鏡が予約注文されており、最初の望遠鏡は今週出荷される。 SETI研究所のビル・ダイアモンド最高経営責任者は、「このUnistellarの望遠鏡による成果は、この機器がアマチュア天文学や市民科学にとっていかに革新的であるかを示す強力な証拠と言えるでしょう」と語る。「史上初めて、手頃な価格で持ち運び可能な望遠鏡が、本格的な科学に真の貢献を果たす日が来たのです!私たちは天文学と科学教育を根底から覆した科学のパートナーとなれたことを喜ばしく思っています。」   Unistellarについて Unistellarは、ユニークでコンパクトで使いやすいデジタル望遠鏡eVscopeを開発したスタートアップ企業である。その光増幅技術によって、他に類を見ないほどの鮮明さと色鮮やかさで銀河、星雲、彗星を観察することができる。SETI研究所と提携しているため、Unistellar eVscopeを使えば、誰でも夜空を観察しながら天文学的発見に貢献することができるのだ。 Unistellar eVscopeは、2018年にCES Innovation Awardの 「Tech for a Better World」 部門を受賞し、SXSW2019Innovation Awardにノミネートされている。クラウドファンディングで300万ドル以上を集め、すでに2,500台以上のデジタル望遠鏡が予約注文されている。 SETI研究所について 1984年に設立されたSETI研究所は、非営利の学際研究教育機関である。その使命は、宇宙における生命の起源と本質、そして知性の進化を探求し、理解し、説明することである。研究内容は物理学と生物学を網羅し、データ分析、機械学習、高度な信号検出技術の専門知識を活用している。SETI研究所は、NASAやNSFなどの産業界、学界、政府機関の優れた研究パートナーである。 問い合わせ先 Unistellar コミュニケーション責任者:ルードビック・ナチュリー press@unistellaroptics.com +33 6 24 31 63 89 SETI研究所 レベッカ・マクドナルド (コミュニケーションディレクター) rmcdonald@seti.org 科学に関するお問い合わせ先 Unistellar共同設立者兼最高科学責任者およびSETI研究所上級天文学者 フランク・マルキス…

Details

Guiding the Next Asteroid Mission: A New Success for Unistellar’s Citizen Astronomy

UPDATE October 16 Dr. Franck Marchis, Unistellar’s Chief Scientific Officer, recently detailed in his blog the first findings derived from this unique citizen science mission: “From the Oman data, we derived a projected size of 54.8 km for the asteroid, which agrees with the size of Orus reported elsewhere. More importantly, we now have an…

Details