Unistellarで見る秋の宇宙旅行

Unistellarで見る秋の宇宙旅行

  北半球ではもうすぐ秋です。当社ではすでに、秋の天体を巡る計画を立てています。 銀河、星雲、惑星、流星群、星座、小惑星など、Unistellarが撮影した天体のベスト10をご紹介します。     ペルセウス星座 ギリシャ神話の英雄ペルセウスは、北半球では秋の季節の間ずっと見ることができます。 悪魔の星アルゴルをはじめ、二重星団や小ダンベル星雲など、数多くの美しい天体が存在します。 また、8月にピークを迎えたペルセウス座流星群は、この星座から生まれています。 「ペルセウス座の二重星団…メシエが見逃しても、北天の美しさは変わらない!」 – David Rowe     アンドロメダ銀河 天の川銀河に最も近いアンドロメダは、メシエ31と呼ばれ、250万光年の距離にあります。 質量は天の川銀河とほぼ同じですが、星の数は約2倍です。 北半球では秋から冬にかけて見ごろを迎え、10月の深夜頃に最高潮に達します。 南半球では11月に見頃を迎えます。     金星 金星は夜空の中で月に次いで明るい天体です。 太陽系で最も高温の惑星である金星は、硫酸の雲に覆われているので表面が見えません。 昨年、金星の大気中にホスフィンと呼ばれるガスが発見されたことをきっかけに、「姉妹惑星」への科学的関心が高まりました。金星に生命が存在する直接的な証拠はありませんが、NASAとESAは最近、この魅力的な世界についてもっと知ることができる新しいロボット宇宙ミッションを開始しました。    金星は、9月中旬には薄明の直後に見え、11月には非常に明るくなります。 肉眼でも双眼鏡でも望遠鏡でも、ぜひこの輝く惑星を見てみてください。     らせん状星雲(NGC7293) らせん状星雲は650光年の距離にあり、私たちに最も近い星雲です。 高温のプラズマを放出しながら、小さな白色矮星に崩壊していく太陽の未来を垣間見ることができます。 白色矮星からの強烈な赤外線が噴出したガスを照らし出し、印象的なリングを形成しています。 双眼鏡や望遠鏡を使って、みずがめ座にある「らせん状星雲」の霞んだ雲を見てみましょう。 この鮮やかな星雲は、北半球では秋の間ずっと楽しむことができます。     はくちょう座 はくちょう座には、北十字星雲や、夜空で最も明るい星のひとつであるデネブがあります。 北半球では、秋の季節の間、特に明るい6つの星を肉眼で見ることができます。     ペガサス座の大星団(メシエ15) ペガスス座にある球状星団で、距離は33,600光年、大きさは175光年です。 晴れた日には肉眼でも見え、望遠鏡を使えば個々の星を見ることができます。 ペガサス座は、北半球では秋の間ずっと見ることができます。 「6月から8月の空は球状星団で溢れていますが、北の秋が始まると球状星団は少なくなり、M15は私の秋の定番球状星団です。    ハッブル宇宙望遠鏡を使って集められた証拠によると、そのコアに太陽の4000倍の質量のブラックホールが潜んでいることを示唆しています。」 – Scott Kardel     トロヤ群小惑星のポリメレとユーリバテスを観測する…

Une visite automnale de l'univers

Une visite automnale de l’univers avec Unistellar

    C’est bientôt l’automne dans l’hémisphère nord, et nous avons déjà prévu de partir à la recherche de nos objets célestes préférés pour cette saison. Découvrez le top 10 des cibles célestes d’Unistellar : galaxies, nébuleuses, planètes, pluies de météores, constellations, astéroïdes, etc.     Constellation de Persée Le héros grec Persée est visible…